瞬きさえ惜しいほど

好きなものを好きなだけ

光、だった。

 

大塚真二にとって、姫川玲子は、姫川班は、光だった。

だからこそ、少しでも翳ってほしくなかったのだと思います。この事件の手がかりを掴もうと今までだったら絶対にしなかったであろう違法捜査にまで手を出して。

 

姫川班がガンテツと対峙したとき、姫川主任と2人でコーヒーを飲んでいるとき、戸田で死体が発見され全ての班が横並びになってしまったとき、北見と捜査しているとき、そして違法捜査に手を出したとき、大塚くんが出てくるシーンでは、少しずつ、少しずつ、彼が別の方向へ正義感を振りかざしているのがわかりました。それはセリフはもちろんのこと、目の演技が大きかったかなと思います。

 

私は重岡くんの演技の中で、目の演技がいちばん好きです。目線、目の開き方、瞬きのタイミング、全てを演技としてわざとやっている訳ではないと思うけど、それを意識せずにできる、これって重岡くんの演技の大きな武器で、ひとつの才能じゃないかなぁ。

 

ドラマで描かれている中では大きく分けて2つ、「私の手柄じゃない、ストロベリーナイトは大塚の手柄よ」と姫川が言ってくれこと、そして皮肉にも北見が言った「(姫川主任のことを)尊敬してるんですね、とても。自分にもそんな上司が早く欲しいです」という言葉が悲劇への引き金になってしまったのかなと思いました。

 

特に北見と捜査しているシーンで、大塚くんは一瞬だけ時計を見てから「1時間だけ1人で行動させてもらえませんか?」と言うんだけど、この時の重岡くんの演技が本当に良かったです。見逃した方がいたら見てほしい。ちなみにその前の照れている表情も可愛かった。

 

そして、なんといっても血塗れで這いつくばっている姿が強く印象に残っています。最後に、光に手を伸ばす姿を見てボロボロと泣いてしまった。自分の血で染まった手を光のほうへ伸ばしているシーンは、大塚くんの「生」への執着、まだ成し遂げてないことがあるんだという強い意志を感じたよ。

 

ドラマの中とはいえ、自担が死んでしまったというショックではなく、"姫川班の大塚慎二が死んでしまった"という事実に泣いていることに気付いたとき、さらに重岡くんを好きになっていました。

 

重岡くんは以前のインタビューで"お芝居の面白さ"について、「自分の気持ちを言えるのがスッキリする。台詞なんだけど、ちゃんと感情を込めて自分の言葉として言えちゃうんですよね。この台詞はこうしようとか、気にしたらできないから。恥ずかしさもありつつ、いつも自分の中に役があるって信じてる」と言っているんですけど、もっともっと演技している姿を、重岡くんの中から生まれるものを見てみたいです。

 

1時間ちょっとの短い出演時間だったけれど、重岡くんの俳優人生にとって、たくさんの大きなものを得られたんじゃないかなぁ。

 

「お芝居の仕事が楽しい」と言っていた重岡大毅さんに、演技のお仕事が来ますように。

 

f:id:n_atsu:20190413213426p:image

 

Jr.担としての457日間

 

初めて姿を見たのは一昨年の夏、顕嵐担になろうと決めたのは去年の顕嵐くんの誕生日でした。

 

まさか自分が"掛け持ち"をするとは思ってもなかった。人類でいちばんタイプの顔とアイドル性、性格も大好きな彼と同じくらい、時にはそれ以上の感情を抱く存在が現れることも予想していなかった。

 

でもその存在こそが、阿部顕嵐くんでした。

 

いつから、何のタイミングで、とかは覚えていない。 以前友人に「どんなところが好きなの?」と聞かれたときも上手く答えられなかった。だけど、何故か目が離せなかった。気が付けばチケットを申し込んでいて、現場に行けば驚くほど彼にしかピントが合わなかった。

 

振り返ってみれば、彼を担当にしようと決めた2017年はとても充実した年でした。Jr.祭、映画「空飛ぶタイヤ」の撮影、舞台「魔女の宅急便」のトンボ役、キントレ、Love-tuneでのZepp公演、初の主演舞台「何者」、その他にも少クラや雑誌など、グループとしても個人としても顕嵐くんにはたくさんのお仕事があった。だけど、それから徐々に露出が減っていって、じわじわと真綿で首を絞められているような感覚だった。だから、ある程度のことは覚悟していたつもり、だったんだけどなぁ。

 

私は顕嵐くんがジャニーズ事務所から退所することを発表されたとき旅行中で海外にいました。何故このタイミングなの?と思ったりもしたけれど、逆に家にいるより良かったかもしれない。綺麗な景色を見ているとき、美味しいご飯を食べているとき、異文化に触れているときは少しだけこの事を忘れることが出来ました。行きの飛行機で顕嵐くんが出演している「空飛ぶタイヤ」を観て、かっこいいなぁ、次はどんな姿が見れるだろう。と思っていたのに、帰りの飛行機で観た「空飛ぶタイヤ」は泣くような場面でもないのにボロボロ泣いてしまったし、たった1週間ちょっとで同じ映画を観るのにここまで状況と抱く感情が変わるものかと驚いたけれど、観て良かったです。ここで観ておかないと、後で悔しくなったような気がする。

 

顕嵐担になって、Twitterを始めたり、同じ趣味を持つ友人ができたり、自担の初主演舞台を観たり、1年にこんなに現場があることを知ったり、他にもたくさんのことを経験しました。

 

あーーー、大好きだなぁといまこの瞬間も思います。   これまでよりも、事務所を退所して「元ジャニーズJr.の阿部顕嵐」になったこれからのほうが大変かもしれないし、このお仕事を続けるなら芸能界がそんなに甘くないってこともわかっているけど、それでも、たくさんの人に阿部顕嵐という存在が知られることを願っています。

 

私は顕嵐くんを好きになって、応援していた457日間、とても幸せだったよ。 

  

f:id:n_atsu:20181203154224j:image 

 

阿部顕嵐くん、8年1ヵ月お疲れ様でした。

たくさんの思い出をありがとう。

どんな道に進むのかはまだわからないけど、これからも大好きです。

重岡大毅くんの1万字インタビューを読んで。

 

重岡大毅が好きだ!!!!!!! 

改めてそう思った、1万字インタビューでした。

 

 前回の1万字インタビューで重岡くんは、幼い頃、学生時代、Jrだった頃など、過去のことを中心に話してたと思う。彼は自分自身のことを全然話してくれないから、とても新鮮だったし、彼の心の中を少しだけ覗き見させてもらったような気がしていて。 だからこそ、3年半経った今、ずーーっと読むのが怖かった。でもそんな気持ちも蹴り飛ばしてくれたんだよなぁ。

 

センターについて。

 「自分がセンターからはずれてるイメージはない」とはっきり言ったこと、ジャニーズWESTの熱い部分、ド真ん中の魂、心臓は自分だと思っていること、自分自身を主人公だと思っていて、信じていること、そして理想の自分に近づけばもっと輝ける、と考えていること。

 

前のインタビューのときは重岡くんが絶対的センターであり真ん中いたけど、今は少し違う。シングル、MV、歌番組、いろんな場面で重岡くんがセンターじゃないときもある。私が重岡くんのファンになったとき、彼はもうバリバリのセンターだったし目立つところにいたから、やっぱり慣れはしないもので、少しだけ胸がきゅーっとなったりもする。でも、彼が言った通り、ジャニーズWESTの「主人公」であり「心臓」だと私も思っていたから、重岡くんが考えていることを知れてすごく嬉しかった、少し安心しました。決して自己肯定感が高くない人だと思っていたけど、そうじゃなくなったのかな、とてもすてきです。

 

 

彼は前回、「悩んでた期間やめたいとは思わなかった?」と聞かれたときにこう答えていました。

「1回も思わなかったです。1回も。絶対、やめないって思ってましたから。僕、捧げてきたんで、ジャニーズに。 人生も、青春っていう青春も全部。ほかの道なんて存在しなかったし、この世界がなくなることが怖かったんで。」

 

 そして、今回の"アイドル像"の話のとき。

 「俺が何を求めてるかって言ったら、自分の感情がバーッてなる瞬間をずっと求めてんのかなって。魂みたいなんがドーーンッてなる瞬間しか追い求めてないんですね。いいライブをしたとき、ピアノを弾いているとき、芝居をしてるときに感じる自由で昂るような瞬間を。俺、人生も青春もアイドルに、ジャニーズに捧げてきたのはまちがいなくて。ただ、うまく言葉にできないけど、今は理想のアイドルの先、理想の自分を追いかけてるというか。

 

たぶん前回のインタビューを読み返したんだろうなぁ、真面目なところは変わらないな、とか。3年半が経って、少年と青年の過渡期から青年になったんだな、とか、いろんなことを思いました。                                  ほぼ同じ言葉を話しているけど、その後に続く言葉がある。重岡くんの理想のアイドルの先、理想の自分を、私なりのペースでずっとみていたいと思います。

 

いろんなことを感じた1万字インタビューでした。       インタビュアーの方の質問の仕方も棘がなく的確で嬉しかった。宝物です。ありがとうございました。

 

私は重岡くんに、"刺されてるよ"

 

f:id:n_atsu:20180723012602j:image

キミは最高の偶像だ

 

2018年になってしまった。

いよいよ就活が始まるのに、ES作成でもSPIの勉強でもなく、こうしてはてなブログを書いています。            重岡くんから生まれる言葉がすきで、唐突に並べたくなった。この行動の早さを就活に生かしたかったよ…

 

 では行きまーーーす!!!

 

                                     ↓             ↓

 

 

チャレンジすることが大好きなんです。それに、自分を信じている部分もあるので、思い切り飛び込むようにしています。失敗することも絶対にあるけど、挫折はない。今の僕が100%でがんばれば、未来の自分が引き上げてくれると常に思っています。

 

未来のためには今がんばらなくちゃいけない。人は変われるから、過去をずっと後悔してたって未来は変わらない。かなわないかもしれないって未来に不安になってもしょうがない。未来を変えるために大切なのは今だから。俺は俺が今できることをやるだけです。

 

そのポジティブさはいつから?                                     なんやろ。知らぬ間に、そういう自分になっていたなぁ。これからも、きっと変わっていくと思いますけど。迷った時ですか?人に相談しても、最終的には自分で決めることが大事だと思います。答えは自分の中にあると思うし。迷う時って、どっちも正解なんだと思うんですよ。選んだ方、正解にしたらいいんだと思います。

 

いつだったか、ステージで“笑えばいいんでしょ”って思ったときに、突然笑えなくなったことがあるんです。形だけの笑顔が“うそやん!”って急に思い始めて。「アイドル=笑顔」みたいなイメージがあるかもしれないけど、それがすごくぎこちない時期はありましたね。でも、今は音楽がかかれば、笑えるんです。スポーツ選手で言うところのゾーンに入る、みたいな。うまく説明できないけれど、自分の中に、アイドルっぽいキラキラを出すスイッチみたいなのはあります(笑)

 

みんな、みんなありがとう!これしか言えないです。ありがとうしか言えないです。熱は熱を、愛には愛を返せる大人になりたいです。

 

僕、捧げてきたんで、ジャニーズに。                          人生も、青春っていう青春も全部。

 

 僕たちから貰ったパワーはちょっとかもしれへんけど、なんか学校嫌やけどちょっと早く行こうとか、あの上司腹立つけど明日は優しく笑顔で接してみようとか。こんな僕らでも力になれるなら幸いです。

 

 

 

これはほんの一部だけど、 重岡くんから生まれる言葉が本当に好きです。実際は神経質で潔癖で気にしいかもしれないけど、ファンの前ではそんなの一切出さずに100%陽の人でいてくれるところに惹かれるのかな、と思います。

 

この間ふと、 22歳のとき受けたインタビューで、あと何年アイドルでいられる自信がありますか?という質問に、13年って答えてたことを思い出しました。あれからもう3年も経ってるし、考えは変わってるかもしれないけど、そう答えるキミがすごく好きで、同じくらい怖い。たぶんしげおかくんは35〜40歳の間にしれっと結婚してしまいそうだから、私はそれまでに結婚したい。それで泣きながらお祝いしてあげたい(激重)

 

「21歳」の重岡くんを好きになった、そんな私がいまはもう「21歳」だ。昔Twitterやってた訳でも誰に見せる訳でもないのに、はてなブログに想いをぶちまけてたくらいには、彼に私の中のアイドルっていう偶像を背負わせています。ごめんなさい、いつもありがとう。

 

キミは最高の「偶像」として、存在し続けてください。昨日も今日も好きだった、たぶん明日も大好きです。

  f:id:n_atsu:20180131005630j:image

 

 

最後に、重岡しんどい大毅を置かせてください。

  別れた恋人と友達になれる?

―――友達に戻れるよ、絶対。だって別れるまでずっと一緒にいたんでしょ。突然関係がパツンって切れたら嫌やもん。別れても仲良くしてたら恋人に戻るパターンもある。だから気まずいとか言ってないで、俺なら戻ると思うよ。

 

読んで頂き、ありがとうございました。 

「何者」 を終えて

  

阿部顕嵐くん、初の単独主演舞台「何者」、全21公演、お疲れ様でした。 

 

同じ劇場、キャスト、台詞なのに、観に行った公演、全部違った。びっっくりした。初めて観劇したときも、原作も読んでいたし、お友達から感想も聞いていたから展開はわかっていたはずなのに、圧倒された。ので、忘れないように感想を書きます。

 

まずは長妻くん。

何者を観劇して、まず驚いたのは、長妻くんの声の通り方、滑舌の良さ、だった。                                             舞台を終えて、たくさんのことを吸収して、大きく成長するんだろうなぁ。

回を重ねるごとに、隆良を憎めず少し好きになってる自分がいた。就職活動に必死に挑んでもがいている人のことを馬鹿にしてるのに、理香のことはちゃんと好きなんだなぁ、とか。理香がみんなに褒められてるときだけ、タンバリンをシャンシャンって鳴らしてたり、泣きながら抱きついてきたときに拓人に向ける視線は怒りを含ませていたり、そんなところが可愛く思えた。

外部舞台で共演したのが長妻くんだったことは、顕嵐くんにとって、さらに刺激を与える一因だったのかなって思います。                                                                       2週間変わらず隣で笑ってくれて、本当にありがとう。れおの存在はありがたいね、太陽みたいだな。

 

 

そして顕嵐くん。

舞台上には、阿部顕嵐はどこにもいなくて、表情、視線、仕草、 細かいところまで二宮拓人だった。

あのラストシーン。

狂気的に笑っているところがすごく怖かった、椅子をバンバン叩きながら、苦しみ、悔しさ、悲しさ、辛さ、等あのとき拓人が抱える全ての感情を吐き出す場面も好きでした。コンテンポラリーダンスはジャニーズJrとして活動してるときには見ることができない表現方法で、外部の舞台に出る、ということはこういうことなんだな、と思った。

いま、20歳の顕嵐くんが出せる全ての力を注いでいたと思う。

三方礼したあと、ありがとうございました!って言って拍手が起こったとき、うんうん。って何回も頷いてから小さく、ありがとうございました。ってもう1回言うんだけど、すごく顕嵐くんらしいなぁと思ったし、好きだった。 観客席に向ける目がとても綺麗だった。

 

今とても幸せです。
人生の財産になりました。

千秋楽、顕嵐くんの挨拶は愛に溢れていた。

大好きで、心の底から幸せになってほしい人が言葉に出して直接伝えてくれたこと、それがとても嬉しかった。私が聞きたかったのはその言葉だったのかもしれない。

あの挨拶を聞いて、さらに好きになった。
心の中でストンと音がした気がする。 

 

就活中に顕嵐くんが「何者」の主演を務めたことも、不思議な縁を感じて、なんか嬉しかったなぁ。                               四六時中、面接されてるようなもの。                   自分が身を置いている世界を、顕嵐くんは、そう表現していて。そう考えたら、私が嫌だなぁ〜って思ってる、これからの約半年間なんてあっという間じゃん!なんかいけるな!と、思ったよ!!(根拠の無い自信)

 

私が顕嵐くんに幸せと活力を貰った分、それ以上に顕嵐くんにも幸せだなぁと思うことがあって欲しいよ〜     たくさんのお友達に会えて、話して、とっても楽しい2週間だった!顕嵐くんを好きにならなかったら出会えなかったんだな、って繋いでくれた縁に感謝したよ。     11月25日から12月10日まで、本当にお疲れ様でした!    

  f:id:n_atsu:20171204223227j:image

泣いた分の笑顔が待ってる

 

阿部顕嵐くん、20歳のお誕生日おめでとうございます。

 

f:id:n_atsu:20170829013603j:image

 

 

 顕嵐くんを応援していて、本当に楽しい。 

 

10代で経験したことを糧に、20代は顕嵐くんがやってみたいお仕事や、pon!やステナビで語ってた夢に繋がるような経験をできるように願っています。 あと個人的には、時代劇をやりたいとずっと言っていることが嬉しいです。 私は男の人がピアスしてるのを見るのがすっっごく好きだけど、顕嵐くんは開けないほうがいいなぁ。時代劇はピアスが開いてない方が良いって聞いたことがあるから。

 

 これからお酒のエピソードとかも増えるのかな。なんとなくだけど、顕嵐くんはモスコミュールが好きそう。弱くても強くてもかわいい。健人くんとか、重岡くんとか、たくさんの先輩が飲みに連れて行ってくれそうだな。美勇人くんは、あらん、本当にお酒飲んで大丈夫なの?ぜったい最初は弱いやつからね!(全部ひらがな)とか言ってそう。私は顕嵐くんにとっての美勇人くんを、隣ではなくてもずっとそばに居てくれたひと。だと感じています。(急に重い)

 

家族を大切にするところ、

仕事に対して謙虚な姿勢、

努力を人に見せないところ、

ファンやメンバーに対して優しくて、言葉選びでも人を傷付けないところ、

立ち止まらずに前へ進み続けているところ、

好きなところを挙げたらキリがないけど、顕嵐くんは私の好きという気持ちを更新し続けてくれている。

 

 顕嵐くんを知ってる人がもっともっと増えてほしい。

好きも嫌いも、かっこいい!と思うことも、他のどんな感情も、まず知らなきゃ始まらないよね。

 

 顕嵐くんが、たくさんの人に愛されたこれまでの20年間よりも、これからの20年間がもっとたくさんの愛に包まれますように。

お誕生日おめでとう!

 f:id:n_atsu:20170829014616j:image

 

顕嵐くんのハタチ記念でTwitterのアカウントを作りました!(晴 @gyu__tann)

良かったら話してやってください!